マタニティ歯科とは

言葉から何となく想像される通りなのですが、妊婦さんを対象とした歯科です。

妊娠すると体調や精神状態などが大きく変化しますよね?
それと同時に口腔内の状態も大きく変化し、むし歯にかかりやすくなり、歯肉なども非常に悪くなりやすいのです。
(妊娠性歯肉炎と言います)

何といってもお母さんの歯の状態は、生まれてくる赤ちゃんにも影響を与えます。
マタニティ歯科は、お母さんのお口だけでなく大切なお子様のお口の健康を守るものなのです。

出産前に治療をするメリット

①お子様のお口を守る(マイナス1歳の予防歯科)

生まれたての赤ちゃんのお口の中には、むし歯の原因菌はいません。
むし歯はお母さんや周囲の方のお口の中から感染していきます。

むし歯が多いお母さんのお子様にはむし歯が多いのは
「遺伝」ではなく「感染」なのです。

特に1歳7ヶ月~2歳7ヶ月までの期間は注意が必要です。

ですが、出産後忙しいなか歯科医院に通うのはなかなか難しいものです。

お子様と接触する前の時期に、お母さんの口腔内状態を良好にするほうがずっと簡単です。

②安全な出産へつながる

妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。

いわゆる妊娠性の歯肉炎ともよばれるものです。

また、歯周病は陣痛を引き起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産や低体重児出産のリスクを増加させます。

しっかりとお口の中を管理して、ご出産を迎えられることをおすすめします。

③お母様のお口の健康を守ります

妊娠初期には、つわりや体調がすぐれない事が多くなり、今まで上手に歯磨きをしていた方も歯磨きができない場合があります。

また、妊娠中はむし歯や歯肉のはれ・出血などのトラブルが多いのです。

ご自身ではなかなかケアをしにくいお口の中を、出産前に治療・メインテナンスしておくことは、出産後のお母様のお口の健康増進につながります。

④出産後はなかなか通院ができない

二人目、三人目のお子さまを妊娠中の方ほど出産目前に歯科医院に通う傾向があるようです。

なぜかというと、一人目の出産の経験から
出産後しばらくは忙しくて歯科医院に通うのは難しいのを知っているからです。

誰かに預けたり、授乳のことも考えなくてはいけませんから大変です。

妊娠の時期にもよりますが、通えるうちに治療から予防歯科に移行したほうが良いでしょう。