赤ちゃんにはむし歯菌は存在しません

実は育児雑誌などをお読みの方はご存知のことと思いますが、
生まれてすぐの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌が存在しません。

どうして、むし歯になってしまうお子様がいるのでしょう?

きっかけは、身近にいる大人です。
お母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんの口からむし歯菌が感染しているのです。

つまりむし歯菌は母子感染するのです

母子感染とは、文字通り「お母さん」から「子ども」に細菌がうつってしまうことです。

むし歯菌も例外ではなく、お母さんのお口からお子さんのお口にうつることでむし歯が発症しているのです。

もちろんお母さんだけでなく、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも同じことです。

近年では育児雑誌などでは頻繁に書かれているせいか、
ご両親は気を付けているけどもおじいちゃん、おばあちゃんからの感染という形が多いようです。

たとえば、ミルクや飲み物の温度を確かめるために赤ちゃんの哺乳瓶やコップに口をつけたり、 大人が使用したおはしやスプーンで食べものをあげたりすることはもちろん、キスなどのスキンシップによっても母子感染は起こる可能性があります。

母子感染を防ぐには、まずはスプーンやはし、食器の共有をやめることが大切です。

また、むし歯予防の観点ではお口へのキスも避けたほうが無難ですが、赤ちゃんにとってスキンシップは大切だと思います。

まずは身近な大人のお口が感染源にならないことが大事です。
つまり、できるだけむし歯菌を減らしておくことが一番の予防ではないでしょうか?

お母さんだけでなくお父さんやご家族の方もむし歯はきちんと処置・治療を済ませることが大切です。

*当院では成人の方はお口の中の菌を実際に位相差顕微鏡で見ることができますので、ご相談ください。

むし歯菌の感染の時期

むし歯菌は具体的にはいつごろ感染するのでしょうか?

特に1歳7ヶ月~2歳7ヶ月までの期間が最も感染しやすいと言われております。
この時期は「感染の窓」と呼ばれています。

それ以前はどうして感染しにくいのでしょうか?
それはむし歯菌は歯が無いお口の中には定着しないからです。

1歳7ヶ月ごろになるとむし歯菌の定着できる歯がある程度そろってくるから感染してしまうのです。
(特に奥歯が定着場所として最適のようです)

しかし、この時期を感染しないで乗り切ればその後のむし歯率がぐっと下がるという研究結果が出ています。

この時期の感染を防ぎ、お子様のむし歯のリスクを減らせばその後の歯のケアがとても楽になることが多いようです。

なかなか大変ですが、
感染しないように気をつけることと周りの大人の方が予防歯科をしていくことが大切です。