保護者の方にお願いしたい大事なこと

小さいお子様は歯医者がどういうところかまだ知りません。

お子様にきちんと予防歯科や治療を受けてもらうためには、幼いころから「歯医者嫌い」にさせないことがとても大切です。

来院の際には「こわい」「痛い」といったマイナスの先入観を植えつけないよう、気をつけていただきたい点がいくつかあります。

ポイント① 叱るときに「歯医者さんに連れて行くよ!」などと言わないでください

何か悪いことをしたときに、「良い子にしないと、歯医者に連れて行くよ!」などと、歯医者を使ってお子さんを怖がらせないようにしてください。

そうすると、まだ歯科医院に来たことがないのにも関わらず「歯医者って怖い場所なんだ……」という先入観ができてしまいます。

なかには生まれて初めて歯科医院に来た子にも関わらず待合室で泣いている子がいます。

その子もかわいそうですし、連れてくる保護者の方も大変です。

ポイント② 「見るだけ」「痛くない」といった言葉を安易に使わないでください

保護者の方の「見るだけだよ」「痛くないよ」といった言葉を信じてお子様が来院すると、実際に治療が必要であったり痛みがあったりしたときに、お子様が「だまされた」と感じてしまうことがあります。

そのときに必要な治療が行えなくなる場合もあります。

その時はなんとか治療ができても、その次からできなくなることが多いようです。

特に初めて来るときや、麻酔を使って治療をするとわかっているときに「見るだけ」と言ってしまうと我々は「見るだけ」しかできなくなります。

お気持ちはわかりますが、お子様にとっては大きなイベントです。
我々も絶対にウソはつきませんので、正しくないことは言わないようできるだけ注意してください。

ポイント③ 事前に心の準備をさせてあげてください

お子様に黙って、不意打ちで歯医者に連れて行くと、治療を拒否してしまうことがあります。
歯医者がどういうところか、「なぜ行く必要があるのか」をきちんと説明し、お子様が納得して心の準備ができてから連れてきてください。

ポイント④ 保護者の方がゆったり構えてリラックスしてください

大人の緊張はすぐにお子様にも伝わります。
保護者の方自身が歯科医院でリラックスして、いつも通りにお過ごしください。

ポイント⑤ 治療後はほめてあげてください

治療が終わったら、すぐに「えらかったね!」「よく頑張ったね!」とほめてあげてください。
お子様には「頑張れた」「期待に応えられた」という自信がつきます。

ご自宅でも、お父さんも巻き込んで、「すごいな!」「かっこいいな!」などと、大げさなくらいにほめてあげると良いようです。
せっかく自信がついてきたところでお父さんが「次は痛いぞ」「痛いのが当たり前だ」と言ってしまっては台無しです。

自信がついてきたところででお子さんは次回も抵抗なく歯医者に向かってくれるはずです。