何気ない癖ですが・・・

頬杖や指しゃぶりなど、お子様が何気なくやっているクセがありますよね。
こういった普段から行っているクセが、お子様の正常なお口の発育を妨げる原因になることがあります。

次にあげるような癖が見られるときには注意です。

吸指癖(指しゃぶり)

指しゃぶりを大きくなってもしていると、子供の歯やアゴに悪影響を及ぼすことがあります。

1~2歳であれば問題ないのですが、
4~5歳になっても指しゃぶりが止められない場合には、注意する必要があります。

永久歯の前歯が生え始める頃になっても、指しゃぶりをやめられないと
上の前歯が出てきたり、前歯が開いてかみ合わなくなったりしてきます。

咬唇癖(唇を噛む癖)

上唇(うわくちびる)や下唇(したくちびる)を噛むクセがあると、外見的には、くちびるの周りにあかぎれのような跡がついていることがあります。
下唇を噛むクセが長引くと、上の前歯が前に出て、下の前歯が奥に引っ込むような歯ならびになることがあります。
逆に上唇を噛む場合には、反対のことが起こります。

咬爪癖(ツメを噛むクセ)

幼児期から学童期にかけてみられます。
上の前歯がやや前に出る歯ならびになる可能性があります。

弄舌癖(舌を歯に押し当てるクセ)

舌を歯に押し当てるクセがある場合には、その部分の上下のかみ合わせが開いてしまい、すき間が出来るようになります。

頬杖

頬杖をつくのは幼児期から学童期以降に認められるクセです。

頬杖をつくことがクセになっている場合には、かみ合わせが深くなったり、アゴの成長が抑制されたりすることがあります。
また首をある程度傾けて頬杖をついていると、徐々にかみ合わせの左右がずれることもあります。